無痛分娩説明書

〇この説明書は、医師からの説明を補い理解を深めるためのものです。よくお読みになり、無痛分娩を選択するかどうかご検討ください。内容を十分に理解して納得をされたうえで、同意書に署名してください。

〇はじめに、無痛分娩は完全な無痛にはなり得ません。痛みを和らげる(和痛)と思っていただけると良いと思います。

1.陣痛について

陣痛は、強い痛みを伴います。お母さんにとって大変つらいものとなります。
その一方で、赤ちゃんにとっては娩出力となります。

2.無痛分娩の目的と内容

1)目的

薬剤を用いて陣痛を緩和することです。産婦さんはリラックスして過ごしやすくなります。

2)適応

産婦さんの希望があることが原則です。
医学的に望ましい場合もあります。:妊娠高血圧症、産婦さんの心臓や脳の病気、過緊張などです

3)麻酔方法

硬膜外麻酔のみ、または、脊椎くも膜下麻酔の両方を使って鎮痛を行います
もっとも一般的で、鎮痛効果が高く、産婦さんや赤ちゃんへの悪影響がとても少ない麻酔方法です。

硬膜外麻酔は、硬膜外腔にチューブを留置し、そこから持続的に麻酔薬を投与します。臍から膝下までの痛みを緩和します。理論的には足の先で踏ん張ることができます。

脊椎くも膜下麻酔は、脊椎くも膜下腔に麻酔薬を投与します。

4)実際の方法

① 無痛分娩は、計画分娩でも構いませんし、夜間でも構いません。
② 無痛分娩中は食事ができません。お茶やスポーツ飲料等の水分は大丈夫です。
③ 痛みが強くなってきたら無痛分娩を開始します。
④ 産婦さんの体の状態を観察するモニターを装着します。
⑤ ベッドに横向きに寝て、背中を丸くして、麻酔のための処置をします。
⑥ 背中の腰のあたりから硬膜外腔に、細くてやわらかい管を入れます。
⑦ 管を入れる処置の前には、皮膚の痛み止めを注射します。
⑧ 硬膜外腔に入れた管からの鎮痛麻酔薬の注入を始めます。
⑨ 無痛分娩中はモニターなどをつけたままの状態で、ベッド上で過ごします。歩くことはできません。
⑩ 尿意がわからないため、おしっこの管を入れます。
⑪ 分娩が終わったら、終了します。

3.危険性(合併症、副作用等)

〇よく見られるもの

① 足の感覚が鈍くなったり、動かしにくくなったりします。(ほぼ全例)
② 自分で排尿し辛くなりますので、管を入れて導尿します。(ほぼ全例)
③ 麻酔薬の影響で、皮膚にかゆみを感じることがあります。(およそ30%)
④ 軽い低血圧が起こります。(およそ50%)
⑤ 38度以上の熱発をすることがあります。(およそ10%)

〇まれにみられるもの

① チューブが脊髄液と交通してしまうことがあります。この時は麻酔の効果が強く出て、足が動かなくなったり、血圧が下がりやすくなります。(数百例に一例)。重症の場合、呼吸が苦しくなったり、意識がぼんやりとします。
② チューブが血管と交通してしまうことがあります。耳鳴りや口のしびれ味覚の変化などがでます。(数千に一例)。重症の時には、不整脈が出たり、意識がぼんやりとします。

〇産後まで続くもの

① 頭痛(約1%)。1週間程度で回復します。
② 足やお尻の感覚が鈍い感じや、足が動かしにくくなることがあります。(数百に一例)。1か月程度で軽快します。
③ チューブを入れた部分の出血や感染、神経障害があります。(10万例に一回)

〇分娩や赤ちゃんへの影響

① 無痛分娩によって、帝王切開率が増えることはありません。
② 無痛分娩によって、分娩時間が長くなることがあります。
③ 無痛分娩によって、陣痛促進剤の使用が増えたり、吸引分娩が増えることがあります。
④ 無痛分娩の開始直後に、赤ちゃんの脈拍がゆっくりになることがあります。分娩中はずっと胎児モニターをつけます。

4.セカンドオピニオン

他施設の意見も聞くことができます。

5.同意の撤回と、急な同意

どちらも可能です。

6.費用

88,000円(税込)です。

7.その他

●様々な理由で、無痛分娩を中止して帝王切開となることもあり得ます。
●血液がさらさらな状態の方、背中や腰の病気がある方などです。